カテゴリー
出展 学会 発表・講演

第11回 中四国臨床工学会 口演発表・展示 | Emora

 第11回中四国臨床工学会(光家努大会長)において、Emoraの開発に関わる一般演題の発表があります。

 今回はEmoraの原案を考案した元山明子氏ご本人による発表です。




発表について

 演題『非観血式血圧計の主観的点検による消耗品交換から客観的な点検を実現する空気漏れ検出器「Emora」の開発』です。

 筆頭演者は中国電力株式会社中電病院ME管理室の元山明子氏です。

 空気漏れ検出器の考案から始まり、それを改良改善していくために企業と連携していく流れ、そのための手段について発表します。

 この製品が臨床工学技士に必要であるか否かと言う視点だけでなく、医療界全体で必要としている人が居るならば、ノウハウを持った者が開発することはリーズナブルであり、今回は社会性がある活動であるかどうかという視点でも、臨床工学技士の皆さんには発表をお聴き頂ければと思います。




展示

 展示ブース出展はリモート開催により実現しませんでしたが、オンライン展示を実施しています。

[Link] 第11回中四国臨床工学会 オンデマンド配信 ログイン




学会について

 当初は人数を絞って現地開催とリモート参加のハイブリッドが計画されていましたが、COVID-19の影響により完全リモート開催となりました。

 オンデマンド配信は予定を繰り上げて9月18日から、ライブ配信は予定どおりの10月2日・3日に開催されます。

[Link] 第11回中四国臨床工学会

カテゴリー
出展 学会 発表・講演

本日よりオンライン展示 | Emora

 本日より第23回日本医療マネジメント学会がオンライン開催されます。
 学会と同時に、企業展示ブースもオンラインで実施されます。学会ホームページにオンライン展示専用ページが設けられておりますので、ぜひご覧ください。

2021年7月15日




オンライン展示

 Emoraのオンライン展示は、特設ページへのリンクとなっております。

 Emoraの簡単な紹介動画や、特徴を掲載しております。




第23回日本医療マネジメント学会について詳しくはこちらから

EVARECTAについて詳しくはこちらから

Emoraの展示について詳しくはこちらから

カテゴリー
学会 発表・講演

第23回日本医療マネジメント学会学術総会 口演発表 | Emora

 第23回日本医療マネジメント学会学術総会(亀山雅男大会長)において、Emoraの開発に関わる一般演題発表(口演A)があります。




発表について

 演題名『看護業務への負荷最小化を目指した実用的なエア漏れ点検器具の医工連携による開発』、筆頭演者はNES株式会社の西謙一氏、共同演者は中電病院に元山明子氏です。

 Emoraの開発に至る経緯について、特に医工連携に関わる部分の発表となっています。

 医療界と産業界が連携することで、医療現場の課題解消の可能性を高める事ができるという事が本演題の主旨であり、本来であれば会場でフロアーとのディスカッションが生まれるはずでしたが、今回は質疑応答がないため、議論は次の機会に持ち越しとなりました。

演題名:看護業務への負荷最小化を目指した実用的なエア漏れ点検器具の医工連携による開発
演者:西謙一、元山明子
演題番号:1-E-41




学会について

 当初の予定では6月25日~26日に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症ワクチンの大規模接種会場となったためオンデマンド開催に変更となりました。

 オンデマンド開催の期間は2021年7月15日~30日です。
 世界中のどこからでも参加できます。

[Link] 第23回日本医療マネジメント学会学術総会

 

カテゴリー
出展 学会

[出展予告]第23回日本医療マネジメント学会学術総会

 2021年6月25日~26日に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催予定でした第23回日本医療マネジメント学会は、新型コロナウイルスワクチンの『大規模接種センター』として会場が使われる事となったため、オンデマンド開催に変更になりました。

 当社では学会場で行われる企業展示に出展する予定でしたが、開催方法の変更に伴い、ウェブ上でのオンライン展示に切り替える事となりました。

 EmoraやEVARECTAなど当社製品をご紹介させて頂く予定でおりましたので、現在オンライン展示に向けて動画制作などを進めております。

 会期は2021年7月15日から30日に変更になっております。
 期間は延長され、全国から参加しやすくなっております。
 オンライン参加登録も7月26日まで受け付けておりますので、ぜひ学会へご参加いただき、ついでに弊社展示もご覧いただければ幸いです。

 再び皆様にお目にかかり、叱咤激励を頂戴できる日を心待ちにしております。

2021年6月24日




抄録集

 学会員様や事前登録者様宛に届く抄録集の後付けに、協賛企業として北浜製作所も掲載されています。




第23回日本医療マネジメント学会について詳しくはこちらから

EVARECTAについて詳しくはこちらから

Emoraの展示について詳しくはこちらから

カテゴリー
学会

Emoraのご紹介

第23回日本医療マネジメント学会学術総会オンライン展示


[Link] Emora紹介動画 3分バージョンはこちら




ボタン操作1つ

 Emoraの動作開始はワンプッシュ。

約1分で結果

 Emoraの測定時間は最短1分。

良否は自動判定

 Emoraは空気漏れを客観的に自動判定。




故障の鑑別

 血圧計が故障したとき、その原因として装置本体を疑うか、カフ等の消耗品を疑います。

 今までは『血圧が測定できない』という症状しか見る事ができませんでした。

 Emoraの登場により、消耗品にエラーがある場合は検出できるようになりました。

 消耗品交換だけなら、院内でも作業できるので、デッドタイムの短縮につながっています。

※.現場からのご意見に基づき掲載しております。故障の原因は様々であり、消耗品のエラー要因も様々ありますが要約して掲載しております。


交換の基準

 カフ(マンシェット)は使えば劣化します。

 だいぶ傷んだカフだなと思っても、使えそうであれば交換しない事も多いかなと感じています。

 でも、いつになったら交換すべきか、判断基準はありませんでした。

 Emoraを使うと、カフを膨らませたときだけ出てくるような亀裂からの漏れも検出できるので『エア漏れしたので交換』と堂々と言えるようになります。

 これまで、まだ使えるカフも捨てていたかもしれません。
 客観的に判断できるようになれば、無駄に捨てる事もなくなり経済的です。

※.現場からのご意見に基づき掲載しております。カフは穴が開くなどの故障が無くても期間を区切って交換を推奨しているメーカーもございますので添付文書等の指示をご確認願います。




ダウンロード

カテゴリー
学会 発表・講演

臨床工学技士 100人カイギ 登壇 | Emora

 2021年4月24日夜に開催された臨床工学技士100人カイギ Vol.13に、Emoraの考案者である元山明子氏が登壇しました。

 約10分間のプレゼンテーションの中では、臨床工学技士という職業を持ちながら、どのように生活をしているのか紹介されていました。

 そのライフワークの1つである『Emora』の開発についても紹介されています。

 フルムービーが公開されておりますので、ぜひご覧ください。

[Link] 臨床工学技士100人カイギ: 「仕事と育児と時々開発」 元山 明子 先生 臨床工学技士 100人カイギ Vol.13 #1